仕事や学校のときもおしゃれに心がけよう!

仕事に行く場合だとスーツであったり、女性であってもスーツに準ずるスタイルという規則があったり、学校の場合だと制服を着用というルールがあったり、なかなか個性的なおしゃれが出来ない場合が多いです。

しかし、仕事であれ学校であれ、みんなと同じスタイルの中でおしゃれにキメることはできます。

そのときに大切なことは、いかに「人と違うスタイルにするか」を心がけることです。

このとき問題になるのは目立ちすぎてしまうことです。

日本の社会において大問題と言えるいじめ。
今では学校だけでの問題ではなく社会人になってもいじめが存在している困った世の中になっています。

だからこそ、「人と違うことをしない」「おとなしくしている」ことが美とされる傾向にあります。

しかし、本来はそんなこと全く気にする必要はないのです。

「新人なのに目立った格好して」
「仕事も出来ないのに、おしゃれにばっかり気を遣って」

これらはただの僻みなのです。
ですから、仕事でも学校でもおしゃれを存分に楽しみましょう。

小物を身につけてみたり、ヘアースタイルを変えてみたり、気分転換にもなりますし、何より人と同じでないことは自分の気持ちを高めることにもつながります。

気分が変われば仕事も集中できますし、勉強にも身が入ることになるでしょう。

気をつけなければならないことは、おしゃれをするのであれば一生懸命頑張ることです。
これがあれば、人から否定される確率はグッと減ります。

授業をまともに聞かず、ファッションばかりを気にかけている。
同性の子との会話をまったくせず、ファッションばかりに気をかけて異性とばかりしゃべる。
仕事を覚えようとせず、髪型ばかりを毎日変える。

このように、他に否定されてしまう場所がある場合に「ファッションばかりに」という否定的な見解を相手に抱かせてしまうのです。

やるべきことをきちんとやっていれば、人から否定されることはありません。
なので安心しておしゃれを楽しんでください!

ただ、最初は少し波風が立つかもしれないです。
やはり、職場や学校でファッションを楽しむことで目立ってしまうため攻撃されることもあるでしょう。

しかし、人の評価はすぐに変わるものです。
あなたを攻撃し続ける人ばかりではないのです。

ファッション抜きにして純粋にあなたのことを認めてくれる同僚や上司、友人が必ずいます。
そして結果を出すことで相手の印象を変えることもできるのです。

そうなれば、仕事もできておしゃれな人、勉強も出来ておしゃれな人という評価があなたに与えられるのです。

どちらか一方では否定で終わってしまいます。
本来はそうあるべきではないのですが、人は否定することがとても上手なのでこれは仕方のないことです。

しかし、ファッションのおしゃれにも力を入れ、やるべきことも一生懸命に手を抜かずやっているあなたは周囲にとっては憧れの的になるはずです。

仕事だけできてもダメ、勉強だけ出来てもダメなんです。
もちろん、おしゃれだけ出来てもダメです。

どちらも並行して行うことであなたが輝くのです。

そんな中で、攻撃を恐れずおしゃれをして行きましょう。
周囲におしゃれな人がいない職場や学校でもあなたが道を切り開くのです。

あなたのファッションの影響を受けて、1人、また1人とおしゃれな人が職場や学校に増えていくことでこれまで以上に楽しい生活に変わっていくことでしょう。

ただし、行き過ぎは注意です。
「おしゃれを楽しみたいから金髪で職場に行く」なんてしたら即呼び出しです。
頭の硬い上司もいるのであくまでさりげないおしゃれを楽しむ程度にした方がいいです。

プライベートの本気のおしゃれを職場や学校に取り入れると、それだけで浮いてしまいますからね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です