ショップで店員と会話を楽しもう!

ファッションアイテムを買いにショップに行ったとき、店員さんに声をかけられた経験のある方も多いのではないでしょうか。

私の周りの友人に聞くと、ショップ店員が話しかけてくることには賛否両論です。

自分の好きな服を自分のペースでみたい、あまりコミュニケーションを取ることが苦手、話しかけられたくないと嫌だと感じる人もいます。

しかし、ショップ店員との会話を楽しむことでよりおしゃれに近づくことができるようになります。

ショップ店員はその道のプロです。
日々、様々な情報を収集していますし、アパレルを仕事にしている以上アパレル好きな人が店員を務めているためファッションに関して言えば通常の人よりも意識がかなり高いのです。

アルバイトの店員である場合も同様です。
服が好きだから、おしゃれが好きだからそれを仕事にしているため、ファッションセンスや感覚は一般の人に比べて高いと言えます。

そんな人からコーディネートのアドバイスを受けたり、こういう合わせ方があるというのを知ることは、自分の持っている感覚以外の新しい感性と出会えるチャンスでもあるのです。

もちろん好みによって合う、合わないはありますが、ショップ店員という別の人の感性を自分の中に取り込むチャンスと考えればショップ店員と会話をすることでおしゃれのレベルアップを図ることができるので、これを生かさない手はありません。

ですからショップでの店員との会話を楽しむように心がけましょう。

しかし、ショップ店員は基本的に「似合いますよ」というフレーズを言ってくるのでそこが困りものです。

なのでこちらから質問をして主導権を握るようにしましょう。

例えば、
「淡い色のアイテムがほしいんだけど、このデニムに合わせやすいアイテムはありますか?」
「夜のデートに来ていきたいんですけど、あまり主張が少なめでさりげなくおしゃれと感じさせることができるトップスを探してるんですが…」
など、具体的な質問をするようにしましょう。

ショップ店員の多くは服を売ることが仕事ですから基本的に店員側からコチラにアプローチをかけてきます。

爽やかな挨拶から始まり、「どんな服をお探しですか?」的なフレーズが続き、アイテムを勧めてくる。
その順番を変えてこちらからアプローチをかけるのです。

「店員さんみたいなコーディネートにしたい」と伝えるとより詳しく、親身になって相談に乗ってくれることでしょう。

そして店員にとってはそんなことを言ってくれるお客さんはいないので、嬉しいと感じてくれるはずですし、そうなれば顔を覚えてくれるかもしれません。

そうなれば2回目、3回目とそのショップに行ったときに覚えていてくれてより詳細なあなたにあったコーディネートを勧めてくれることでしょう。

スポーツの世界でも同じですが、一流と呼ばれる人にでも必ずアドバイザーは存在します。

的確なアドバイス、変化に気づくこと、最先端の知識を擁している圧倒的に信頼できるコーチがいることで選手の能力を最大限引き出すことができるようになるのです。

それはファッションの世界でも同じなのではないでしょうか。

ファッションは自分の着たい服を着る、気に入ったアイテムを身につけることが基本ですが、それだけではおしゃれに限界があるのです。

色々な人の感性に触れ、その感性を自分の中に取り入れることであなたのおしゃれはもっと楽しくなるはずです。

そんな中で、ショップで店員と会話を楽しむこと。
これによりあなたのファッションの可能性が大きく広がることに繋がるのです。

最後は周りの評価が気になるファッション。
だからこそ、一人で考えるのではなくその道のプロに、アドバイスを求めて取り入れていくことが必要なのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です